スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

top △

WWEがプロレス界の盟主であると証明した! 

WWEがプロレス界の盟主であると証明した!
201604051747054cd.jpeg
↑写真引用:WWEJapan公式Twitter(@WWEJapan)

4・3(米国現地時間)テキサス州ダラス、AT&Tスタジアムで開催された『レッスルマニア32』が過去最多観客動員数となる10万1763人を記録した。

▶︎レッスルマニアが最多観客動員数を記録!(WWE日本公式サイト)

1987年『レッスルマニア3』(観衆9万3173人)の最多記録を塗り替え、興行収入も1730万ドルという最高記録を打ち出した『レッスルマニア32』。

20160405183751eb1.jpeg

ボクはまだ『レッスルマニア32』を観れていないため興行内容には触れられないが、観客動員、興行収入が共に過去最高とWWEが現在のプロレス界の盟主であると堂々と証明された。


レッスルマニア観客動員数記録上位10位は次の通り
1. 10万1763人:レッスルマニア32(2016年4月3日、AT&Tスタジアム、テキサス州アーリントン)
2. 9万3173人: レッスルマニア3(1987年3月29日、ポンティアック・シルバードーム、ミシガン州ポンティアック)
3. 8万676人:レッスルマニア29(2013年4月7日、メットライフ・スタジアム、ニュージャージー州イーストラザフォード)
4. 8万103人:レッスルマニア23(2007年4月1日、フォード・フィールド、ミシガン州デトロイト)
5. 7万8363人:レッスルマニア28(2012年4月1日、サン・ライフ・スタジアム、フロリダ州マイアミ)
6. 7万6976人:レッスルマニア31(2015年3月29日、リーヴァイス・スタジアム、カリフォルニア州サンタ・クララ)
7. 7万5167人:レッスルマニア30(2014年4月6日、メルセデス・ベンツ・スーパードーム、ルイジアナ州ニューオーリンズ)
8. 7万4635人:レッスルマニア24(2008年3月30日、シトラス・ボウル、フロリダ州オーランド)
9. 7万2744人:レッスルマニア25(2009年4月5日、リライアンド・スタジアム、テキサス州ヒューストン)
10. 7万2219人:レッスルマニア26(2010年3月28日、フェニックス大学スタジアム、アリゾナ州グランデール)
以上、WWE日本公式サイトhttp://www.wwe.co.jp より引用



今の日本プロレス界ではどう考えてもWWEの勢いには太刀打ちできない。これは認めざる事実だ。

個人的には現在の日本プロレス界についていろいろと思う事があるのだが、これは別の項で書き綴ってみたい。

(T管理人)

〈関連記事〉
▶︎WWE 4・3AT&Tスタジアム大会 【WWE世界ヘビー級王座戦】トリプルHvsロマン・レインズ AJスタイルズvsクリス・ジェリコ ブロック・レスナーvsディーン・アンブローズ(バトルニュース)
▶︎【WWEレッスルマニア】10万超大観衆熱狂!レインズがトリプルH下し王座奪還(東スポWeb)
▶︎【WWEレッスルマニア】ロック様復活 シナと必殺技競演でワイアット一家撃退(東スポWeb)
▶︎【WWEレッスルマニア】レスナーがスープレックス13発!アンブロスに完勝(東スポWeb)
▶︎【WWEレッスルマニア】シェーン・マクマホン テイカーに挑むも壮絶“討ち死に”(東スポWeb)
▶︎中邑WWEデビュー戦観戦の飯伏(東スポWeb)
▶︎中邑のWWEデビューを新日時代の戦友はこう見た(東スポWeb)
▶︎WWEデビューの中邑真輔が渡米直前に語っていた“自分との約束”とは?「僕って、すんげえ“ビビりぃ”なんですよ」(週プレNEWS)

↓『ぼくらのプロレス』公式ライターやってます。↓
2016013121392550d.jpeg
プロレスファンの、プロレスファンによる、プロレスファンのためのプロレスメディア
『ぼくらのプロレス』
コチラから→
http://boku-pro.com/users/prof/402373

▶︎新日本プロレス独走時代終焉!そして「Yeaoh!」が鳴り響く!(ぼくらのプロレス)
▶︎中邑ショックで見えた新日本の現状。そしてWWE日本侵攻計画(ぼくらのプロレス)
▶︎提言!このままでは日本プロレス界に未来は無い!(ぼくらのプロレス)

↓1日1票クリック応援お願いします!
大変励みになります。


↓1日1票クリック応援お願いします!
大変励みになります。

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ
にほんブログ村





■その他プロレス・格闘技関連ニュース
▶︎【RIZIN】4月17日(日)愛知県日本ガイシホールにて開催される『トップ Presents RIZIN.1』ついにRENAの対戦相手が決定!
▶︎【巌流島ブロマガ】ネット社会が生んだ新格闘技「巌流島」。新たな時代はすでに始まっている。
▶︎【巌流島ブロマガ】巌流島からの帰還! 柳龍拳の前歯を折った男、巌流島を語る!
▶︎【IGF】5.29GENOME36大阪大会、6.26マカオ大会発表!猪木・アリ戦40周年記念イベント!
▶︎大仁田&矢口「UWF潰し」で4・27後楽園一夜限りの共闘(東スポWeb)

201604051829412dd.jpeg

▶︎【超花火】大仁田厚が見どころ解説「TARUとは最終決着戦」超花火プロレス4月シリーズ全カード発表 入場無料大会も多数!
▶︎【東京愚連隊】4・4新宿FACE大会 【東京世界ヘビー級】望月成晃vs田中稔 ドリー・ファンクJr&藤原喜明&高木三四郎&真田聖也vsNOSAWA&MAZADA&FUJITA&KIKUZAWA
▶︎【フリーダムズ】フリーダムズ17日にファン感謝デー開催
▶︎【シュートボクシング】宍戸大樹、引退試合に敗れるもファンに感謝 完全燃焼で19年のシュートボクシング人生に別れ
▶︎【海外】RIZIN再調整アンディ・サワー勝利!「World Fighting League」
▶︎【ターザンカフェ/プロ格コラム】飯伏幸太までもしWWEに行ったら日本マット界はもぬけの殻状態だあああ!

■Pick Up Twitter!








20160210183949d00.jpeg
▶︎巌流島オフィシャルサイト

20151114214946e8b.jpeg
▶︎RIZIN FIGHTING FEDERATIONオフィシャルサイト

20151114221423b97.jpeg
▶︎K-1 WORLD GP オフィシャルサイト


20151102212704a2b.jpeg
▶︎テレビ東京『新K-1伝説』オフィシャルウェブサイト

201511040944084af.jpeg
▶︎地上波で見られる唯一のWWE番組!




プロレス引退劇の全真相

プロレス引退劇の全真相
価格:1,188円(税込、送料込)

本誌はトップレスラーたちの引退にまつわる裏側を集めた一冊だ。
引退にはやむにやまれぬ事情があり、失意、怒り、恨みの感情が渦巻く人間臭い側面がある。
天龍源一郎、長州力、大仁田厚、橋本真也、船木誠勝、ブル中野、風間ルミ、府川唯美……。
数々のトップレスラーたちの引退事情とは何か。
さらに世間から忘れられたレスラーたちの「徹底追跡あのレスラーは今」他 注目企画満載。


201604050854449a7.jpeg
スポンサーサイト

Posted on 2016/04/05 Tue. 18:38 [edit]

CM: --
TB: 0

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://takastone.blog.fc2.com/tb.php/903-d7b93db8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。