スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

top △

賛否あるヒョードル復帰戦 

賛否あるヒョードル復帰戦

RIZIN記者会見で発表されたエメリヤーエンコ・ヒョードルvsシング・心・ジャディブ。

この対戦カードにSNS上では不満の声が上がっている。

ヒョードル復帰戦。

きっとサプライズな対戦選手を期待していたのだろう。
ボクもそのうちの一人ではあったが。

だがこの試合のメインテーマはあくまでも〝ヒョードル復帰戦〟であって、ヒョードルの対戦相手にそもそもビッグネームはいらないのではないか?

201512191924418df.jpeg

この対戦相手のシング選手はピンとこないのかもしれないが、貴重な〝未来〟のある選手。
もしかしたら数年後にはビッグネームになっているかもしれない。

RIZINは年末以降も継続していくイベント。
そして12月29日、31日はRIZINにとっては旗揚げ戦。

また次も観たい!と思わせる〝線〟を創り出せるかが今回のRIZIN年末イベントの一番の課題。

もしヒョードルのビッグマッチ〝大一番〟を行なうとすれば、それはRIZINが〝線〟となった時なのではないだろうか。

RIZIN〝旗揚げ戦〟はあくまでも序章。
いきなり序章からファンを満腹にさせる必要はないとボクは考える。

あとはヒョードルの3年半のブランクを考えると相手選びにも当然慎重になる。

今回のヒョードル復帰戦に納得できないのであれば、ボクは新日本プロレスを見ていればいいのではないだろうかと思ってしまう。

とりあえず29日、31日のRIZINの船出を見守ってみてはどうだろうか。
(T管理人)

↓その他最新情報はコチラをクリック
>

↓その他最新情報はコチラをクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2015/12/19 Sat. 19:25 [edit]

CM: --
TB: 0

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://takastone.blog.fc2.com/tb.php/785-d0f6b125
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。