スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

top △

対世間とコップ 

対世間とコップ

「テレビ、雑誌、ネット…どこを見てもRIZINの話題で持ち切りだね。」

X「ある意味、世界最高峰〝PRIDE〟が帰ってきたという事で。榊原氏の7年間の競業禁止期間が明けて、この空白の7年間の〝溜め〟が一気に噴き出したというか。」

「なんといってもエメリヤーエンコ・ヒョードルの獲得は大きい。実際、ヒョードルはRIZINとUFCを天秤にかけたというから。」

X「でも、それは結局は話題作りだったんじゃないですかね?最初からヒョードルは榊原RIZINに行くと決めてた上で〝UFC参戦〟の可能性も口にしたというか。UFCに対する牽制と榊原RIZINに世界中から注目されるための。」

「戦略だったって事か。」

X「…と僕は思いますよ。榊原氏が言ってた『ギャラだけならUFCの方が上。それでもヒョードルはRIZINを選んでくれた』。やはり榊原PRIDEに対して恩を感じているのか。」

「あとはヒョードル自身、UFCにあまり魅力を感じてないとか、あとは政治的背景もいろいろあるんだろうけどね。」

X「RIZINはケージ(金網)ではなくて、PRIDEと同じくリングでいくと。ただ改良を加えるらしいですけど。」

「今の時代、リングってのも時代に逆行してるというか…。」

X「一周廻って逆にリングは新鮮なんじゃないですか。」

「まあ、UFCとの差別化って意味もあるだろうし、かつてのPRIDEの〝続き〟をやりたいんだろうね。」

X「あとは榊原氏が『猪木vsアリ』のような異種格闘技戦にこだわってるという意味で、やっぱり〝四角いリング〟にしたいんじゃないですか?」

「『猪木vsアリ』。あれこそロマンだよ〜。お互いプロレスとボクシングという看板を賭けた一戦。」

2014072920552165f.jpg

X「そこに榊原氏はこだわってると。」

「榊原氏曰く、必ずしもRIZINは総合格闘技だけにこだわる必要はない。
そうだよな〜、PRIDEの初期はジャンルの看板を賭けた他流試合、異種格闘技戦的なところが面白かったんだよな。

X「榊原氏は総合格闘技の源流、アリ戦をやったアントニオ猪木を尊敬してますし。」

「年末のRIZIN大みそかに是非とも猪木に来場してほしいって。」

X「そこなんですよ。大みそかはIGFも両国国技館でやりますし…。」

「さいたまと両国をハシゴするしかない。観たいなあ、さいたまスーパーアリーナでアントニオ猪木。」

X「高田(延彦)も、PRIDEに続いてRIZIN統括本部長に就任。新日本(プロレス)を仮面ライダーごっこと言い放った高田と、新日本から根こそぎ引っこ抜かれたアントニオ猪木。」

「そこだよ!木谷新日本オーナーの『マニア不要』発言には度肝を抜かれた。現在の新日本に乗っかれない〝マニア〟はRIZINに注目してるよ。RIZINがこれから始めようとしてる事は、本来なら新日本がやらなきゃいけなかった事。
ま、PRIDE時代から思ってた事なんだけどね。」


X「前田日明氏がRIZINとフジテレビが組んだ事に不快感を示したそうで。」

「いわゆる〝フジテレビショック〟後のPRIDE以外の日本の格闘技業界全体の風当たりが強くなって大変だったと。ただそれだけじゃなくて高田延彦がまた〝第一線〟に戻ってきたのも面白くないんじゃないの?」

X「ところでヒョードルの相手は誰なんでしょう?」

「一部で噂に上がったシング・心・ ジャディブって選手か、あとはF選手。」

X「いや、多分F選手はRIZINでMMAデビューする把瑠都とやるんじゃないかなと思いますが。」

「F選手はヒョードルの相手とも一部ネットメディアで報道されたけどね。」

X「いやあ、話が戻るかもしれませんが、まさか榊原氏が復帰してくるとはね。」

「やはりPRIDEを〝消滅〟に追いやったUFCに対して一泡ふかせようって感じだよね。世界各国のMMA団体がRIZINと手を組んで〝UFC包囲網〟を形成。そして完全にMMAを単なる〝競技化〟にしてしまったUFCに〝世界最高峰PRIDE〟の残党の意地を見せてやろうと。」

X「かつての〝世界最高峰のロマン〟をもう一度!」

「あと、TBSも大みそかに魔娑斗復帰を画策してるとかしてないとか。」

X「それはやめてほしいですよ。魔娑斗復帰をやるなら別のタイミングで。今年の大みそかが一気に格闘技づくしじゃ、また格闘技バブルになって弾けちゃいますよ。」

「タイミングを考えてくれって感じ。
あと話は逸れるかもだけど、これだけRIZINがメディアを騒がせているのに、プロレスブロガーさん達の反応がイマイチなんだよね。」

X「反応がイマイチとは?」

「RIZINに触れないブロガーが多い。」

X「ん?単純にプロレスじゃなく、RIZINは格闘技だからじゃ…。」

「そこなんだよね。今、プロレスブログをやってる人はきっと〝PRIDE世代〟じゃないんだよ。もっと若い世代なんだよね。」

X「それこそ、ここ数年の新日本プロレスしか知らないみたいな。つまりアントニオ猪木を知らない世代ですね。
だったら来月15日に引退する天龍もよくわからないんじゃ?」

「天龍は知ってても〝天龍革命〟を知らないみたいな。知らないなら知らないでいいんだけどさ、天龍革命は単なる全日本プロレスの中の〝軍団〟だったんでしょ的な。」

X「天龍が実際に全日本にもたらした革命の意味をわかってないと。」

「そうそうそう。ハッキリ言って〝天龍革命〟を知らないならブログに書くなよと言いたいよな。」

201510252257239a6.jpeg

X「厨二病かな?」

「だからRIZINとか天龍引退に関する話題をブログに載せるとブログアクセス数が極端に減るんだよ。」

X「興味がないんでしょ?」

「新日本の話題だけ載せてればアクセス数が増えるからってブロガーも多いよ。」

X「そんな新日本もそろそろマンネリ化が叫ばれてますが。」

「正直、天龍引退とRIZINに話題が行っちゃって。〝1・4〟のメインの『オカダvs棚橋』ももうかれこれ何回目なん?」

X「新日本もRIZINのような仕掛けがほしいトコですよ。」

「プロレスという〝コップの中〟の仕掛けじゃなくて、世間がアッと驚くような。」

X「予想だと〝1・4〟にはノアと全日本を退団した塩崎選手が絡むのでは。」

「だからそれが〝コップ〟だっていうの。」


最後まで読んでいただいてありがとうございました。
お手数ですが、こちらをポチッと押していただけると嬉しいです!
   ↓

>

よろしければこちらもポチッと押していただけると嬉しいです!
 ↓

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2015/10/25 Sun. 22:25 [edit]

CM: --
TB: 0

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://takastone.blog.fc2.com/tb.php/719-a5a82965
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。