スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

top △

9・19大阪 GHC戦 鈴木みのるvs杉浦貴への提言 

9・19大阪 GHC戦 鈴木みのるvs杉浦貴への提言
20150909201716e22.jpg

プロレス・格闘技関連
▶︎【新日本】柴田 勝手気ままな内藤を俺がしつける!
▶︎【国内】長州力 東京五輪のゴタゴタにキレた!?
▶︎【国内】永島勝司 ゴマシオ親父のつぶやきR[第17回]





▶︎【NOAH】高山がGHC戦みのるvs杉浦に緊急提言(東スポWebより引用)

 帝王・高山善廣(48)が8日、GHCヘビー級王座戦に向けて緊急提言を放った。


 19日のノア・エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)大会ではGHCヘビー級王者の鈴木みのる(47)に杉浦貴(45)が挑戦する。決戦に向け両者は舌戦を続け、ルール問題が紛糾。「雑魚は連れてくるな」とタイマン勝負を求める杉浦に対し、みのるは「レフェリーなしで、死んだら負け」などとノールール決着を口走っている。


 この状況に断を下したのが高山だ。7月18日後楽園のGHC戦では、みのるをあと一歩まで追い込みながらも、相手セコンドの介入が影響して敗れた。その経験も踏まえ「1対1でやり合えば杉浦貴に勝機がある。いくらルールで明文化したところで、今の鈴木みのるなら乱入させてくる。それに、どちらかが死ぬまでなんてあり得ない。法として認められない」とまずは正論を吐いた。


 その上で「この際、鉄柵に両軍のセコンドをつないでおけばいい。ファンにも分かりやすいだろ。もしくはランバージャックで同じ数のセコンドを入れることだ」と提案。鉄柵内から完全排除するか、ランバージャック形式かの二者択一を迫った。これを受けノアの西永秀一統括本部長は「ルールはタイトル管理委員会で検討中です」と話し、14日の後楽園大会で行われる調印式までに特別ルールを決める方針を明かした。


 この日の静岡・富士大会で高山は8人タッグ戦で杉浦と組んで、鈴木軍と対戦。飯塚高史と激しい場外戦を展開した。「タイトル戦の権威はもう鈴木みのるに落とされている。この際、思い切った形でやればいい」と高山ノアはどんな決断を下すのか。


〈関連記事〉
20150909201714da5.jpg

▶︎【プロレスリング・ノア 旗揚げ15周年記念大会 vol.2】 2015年9月19日(土) 開場:16:00 試合開始:17:00 大阪府立体育会館(プロレスリング・ノア公式サイト内特設サイト)



◎…高山「この際、鉄柵に両軍のセコンドをつないでおけばいい。ファンにも分かりやすいだろ。もしくはランバージャックで同じ数のセコンドを入れることだ」

今月19日ノア大阪大会で行われるGHCヘビー級戦
(王者)鈴木みのるvs杉浦貴(挑戦者)
の試合ルールに提言した高山。

201509092229040a0.jpg


鈴木みのる率いる鈴木軍の乱入に苦しめられた前回のGHCヘビー級戦挑戦者高山。

7・18ノア後楽園ホール大会で行われた鈴木vs高山GHCヘビー級戦は、鈴木軍の乱入に試合をコントロールされ、最後は高山が鈴木のゴッチ式パイルドライバーに沈んだ。

そして試合後、〝ノア最後の砦〟杉浦が鈴木にGHC次期挑戦者に名乗りを上げた。
この流れから高山が19日のGHC戦に提言をするという流れになったというわけだが。

話はズレるかもしれないが、7・18鈴木vs高山は最高のプロレスだった。
いい意味でも悪い意味でも非常に昭和テイストな試合。

動と静。
流血と乱入。
そして試合後、リングにモノを投げる客。


全てが揃っていた。
鈴木みのるは新日本からUWF、藤原組、パンクラスと格闘技路線を渡り歩いてきたのだが、最終的には『猪木・新日本』に戻ってきた。
7・18の試合を観てボクは、鈴木みのるも猪木イズムをしっかり継承しているんだなと率直に思った。

201509092229019b8.jpg
▲7・18後楽園ホール、GHC戦鈴木vs高山

試合だけでなく、それを観ているお客さんの感情もコントロールする。
そしてお客さんを決して満腹にさせるのではなく、腹八分目で次の〝流れ〟に目を向けさせる。

その次の〝流れ〟が9・19大阪、GHCヘビー級、鈴木みのるvs杉浦貴だ。

この試合で杉浦がGHCベルトを奪還し、ハッピーエンドになるのか、はたまた鈴木が王座防衛するのか。

どちらにしても前回の〝流れ〟から、9・19大阪はかなりのハードルが上がってるのは間違いない。
(T管理人)


◯管理人からお知らせ

出張版ブログはじめました!
当ブログでは書けない事はもちろん、自由気ままに不定期更新していきます。

【出張版】世の中とプロレスするブログ/Taka blog
http://ameblo.jp/takastoneblog/

20150903195333f02.jpg



20150820205414db6.jpg
〜天龍源一郎 引退〜
2015.11.15両国国技館 革命終焉

▶︎天龍源一郎 引退 スペシャルサイト(天龍プロジェクトオフィシャルサイト)


当ブログではみなさんのプロレスに関する記事を募集します!

プロレス観戦リポート(国内外、男女団体、場所問わず)、プロレスに関するイラスト、写真、プロレスに関するコラム…なんでもOKです。

これは面白い!と当ブログが判断した場合、すぐに当ブログ内でドンドンUPしていきます!

送り先
件名『Taka blog プロレス記事募集』
takastoneblog@yahoo.co.jp
までメールでお送り下さい。


その際にお名前(またはニックネーム)、住所(都道府県までで結構です。)、年齢(任意です。)など可能な限り明記して下さい。

是非お待ちしております!
(T管理人)







最後まで読んでいただいてありがとうございました。
お手数ですが、こちらをポチッと押していただけると嬉しいです!
       ↓

>

よろしければこちらもポチッと押していただけると嬉しいです!
 ↓

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Posted on 2015/09/09 Wed. 19:29 [edit]

CM: --
TB: 0

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://takastone.blog.fc2.com/tb.php/661-302ccbde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。