スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

top △

長州「本当のことを言っていいんだな?」 

長州「本当のことを言っていいんだな?」
20150806203051680.jpg

◯プロレス・格闘技関連
▶︎G1 CLIMAX 25 8/5岩手大会 詳報
▶︎オカダが米で雪辱戦 後藤と6人タッグで対戦
▶︎「9・19GHC挑戦」杉浦 みのる戦にセコンド総動員指令
▶︎GK金沢コラム連載第59回!! 「今年も熱かった『火祭り』」
▶︎8・9有明「PANCRASE 269」にグアムよりライアン・ビグラー急遽参戦!
▶︎グラン浜田自主興行9・6『GRAN Fiesta(グランフェスタ)』を開催
▶︎マット・ハーディ王座奪取ならず!TNAインパクト・レスリング
▶︎高橋奈七永の新団体SEAdLINNNG 8.26後楽園の全カード決定!ベテランから若手までオールスター級の顔触れが集結




▶︎長州力「キレますよ」 自伝ベストセラー決起集会(日刊スポーツより引用)

 プロレスラー長州力(63)が6日、その出自と生き様を語ったノンフィクション「真説・長州力1951-2015」(田崎健太著、集英社インターナショナル)のベストセラー祈願決起集会を東京・神保町の三省堂書店本店で開いた。

 プロレスファンの書店員らと登場した長州は「本の町、神保町のど真ん中から熱い思いを届けたい。自分を語ったり、しゃべったりするのは、つらいです。面倒くさくなっちゃってね。『お前たちに、俺の何が分かる!?』っていう感じです」。

 著者の田崎氏の取材を、ともに酒を飲みながら受けたという。「先生も僕も、お酒が好きなんでね。原稿を見たとき『ここまで言っちゃってるんだ、本当にこんなことしゃべったのかな』と驚きがありました(笑い)。自分は過去を振り返るような人間じゃないけど、まあ1度しかない人生、こういう人生だったんですね。一般の方にも、読んでいただきたい」と話した。

 長州の人柄を聞かれた田崎氏が「シャイで、おかしいです」と答えると、長州は「キレますよ」とプロレスでおなじみになった「キレてないですよ」のパロディーで笑いを誘った。




◎…『真説・長州力 1951-2015』が発売された。
ノンフィクション作家で知られる田崎健太氏が長州の幼少期からミュンヘン五輪、
"嚙ませ犬”事件、"黒歴史”WJプロレス崩壊…など、長州の〝すべて〟を書いた書籍だそうだ。

目次はざっとこんな感じで

プロローグ 端っこの男
第一章 もうひとつの苗字
第二章 ミュンヘンオリンピック韓国代表
第三章 プロレスへの戸惑い
第四章 「長州力」の名付け親
第五章 メキシコに「逃げる」
第六章 「嚙ませ犬」事件の"謎"
第七章 タイガーマスク引退とクーデター
第八章 ジャパンプロレスの野望
第九章 長州を恨む男
第十章 現場監督の秘密
第十一章 消されたUWF
第十二章 アントニオ猪木と大仁田厚
第十三章 WJプロレスの躓き
第十四章 どん底
第十五章 再び、「ど真ん中」に
エピローグ 赤いパスポート


噛ませ犬、クーデター、ジャパンプロレス、UWF、猪木、大仁田…そして〝黒歴史〟WJ。
気になるワードだらけだ。

この本のサブに長州の言葉。
「本当のことを言っていいんだな?」

興味のある方は一読してみては。

ボクはどうしようかな…。
(T管理人)



↓ポチッとクリック応援1票お願いいたします!
その1票が大きな励みになります!

>
↓よろしければコチラもクリック応援お願いします!
にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2015/08/06 Thu. 19:50 [edit]

CM: --
TB: 0

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://takastone.blog.fc2.com/tb.php/617-1232002c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。