スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

top △

大人の事情とプロレス〜たかぶろ プロレスVarious!〜 

大人の事情とプロレス
〜たかぶろ プロレスVarious!〜

もう〝時効〟だろう。
週刊プロレス(以降、週プロ)先週号についてだ。7月のビッグマッチWWE日本公演、新日本大阪城大会の後の週プロはある程度予想はしていた。

「さすがに今週号の週プロの表紙は新日本大阪城だろうな。」

わかっていた事ではあった。
実際に新日本大阪城のオカダが表紙の週プロ最新号を手にし、ページをめくる。
いきなり巻頭カラーから新日本大阪城が飛び出してくる。
そしてページをめくり続けると、WWE日本公演、カラーページによる試合リポートだ。9ページに渡り展開していた。

そしてさらにページをめくり、一番肝心な巻頭記事に目をやる。

ボクは唖然とした。
週プロの一番の核と思われる〝巻頭記事〟は新日本大阪城一色。なんとWWE日本公演には一行も触れていないのだ。

2015071520112499f.jpg

わかりますよ。
新日本を大々的に報道しなくてはいけないのは。アチラ側のプロレスにわざわざ触れる必要はない、きっとそういう事なのだろう。

しかしだ。
日本発のWWEの世界ライブ中継。しかもイベントは大成功。そして色々と日本プロレスにテーマを投げかけたWWE日本公演両国。

実際にボクは生でWWE日本公演を体感した。

「これが、これこそがプロレスだ。」

ボクは素直にそう思った。

そして今回のWWE日本公演は日本プロレスにとってターニングポイントになるだろう、そうボクは痛感した。
それが週プロでは一切〝無かった事〟になっているのだ。
それはないだろう。
〝大人の事情〟はわかる。
新日本を大々的に、そして本を売らなければならない。

ただボクは今回の週プロのWWE日本公演の扱いに失望した。
あくまでもWWEはアチラ側のプロレスという認識なのだ。所詮はアチラ側の出来事。

ボクは腑に落ちない。
プロレス専門誌の週刊プロレスが全く〝プロレス〟していないのだ。

当たり前のプロレスマガジン。
これが現在の週刊プロレスなのか。
(T管理人)


↓その他最新プロレス情報はコチラをクリック
>
スポンサーサイト

Posted on 2015/07/15 Wed. 20:01 [edit]

CM: --
TB: 0

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://takastone.blog.fc2.com/tb.php/584-acbef208
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。