スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

top △

K-1 WORLD GP 11.3代々木大会 新生K-1第1回大会「-65kg初代王座決定トーナメント」 11/5たかぶろ特選ニュース 


201411050831381aa.jpg

▶︎K-1 WORLD GP 11.3代々木大会 新生K-1第1回大会「-65kg初代王座決定トーナメント」
20141105083135d62.jpg

新生K-1のスタートとなる「K-1 WORLD GP 2014〜-65kg初代王座決定トーナメント」が3日、東京・国立代々木競技場第二体育館で開催された。
Krush63㎏王者にして「Krushの顔」山崎秀晃、「魔裟斗も認めた天才」HIROYA、「ビッグマウス」木村“フィリップ”ミノル、自称「格闘技界のレインメーカー」左右田泰臣、対日本人無敗の「日本人キラー」ゲーオ・フェアテックスら、65㎏トーナメントには多彩な顔ぶれが揃った。
(続きはコチラをクリック)


▶︎武藤W-1王座初防衛戦に真田指名
2014110508313504c.jpg

 デビュー30周年記念大会(1日、東京・両国国技館)で「WRESTLE―1チャンピオンシップ」第2代王者となった武藤敬司(51)の初防衛戦(12月22日、後楽園ホール)の相手が3日、真田聖也(26)に決まった。
(続きはコチラをクリック)

▶︎W―1初代タッグ王座決定リーグ戦出場チーム決定

 W―1は3日、初代タッグ王座決定リーグ戦の出場チームと公式戦日程を発表した。
(続きはコチラをクリック)

▶︎ガンズ・アンド・ローゼズのD・リード、新作の仕上げに取りかかっていることを明かす
20141105083200e30.jpg

ガンズ・アンド・ローゼズのディジー・リードはガンズが現在、新しい音源を仕上げつつあることを明らかにしている。

ディジー・リードはVH1ラジオ・ネットワークのデイヴ・バスナーの取材に応えて、2008年の『チャイニーズ・デモクラシー』に続く新作の完成が近いことを次のように説明している。
(続きはコチラをクリック)

▶︎ジョニー・マー、「ザ・スミスは最高の経験であり、同時に素晴らしい見習い期間」
201411050831334c6.jpg

「スミスで活動したこともそれ以降のすべても、それらがあって初めて、パフォーマーとしての今の俺があるんだ。あと、シンガーとしての俺もそうだね。うまく行けば、人生ははしごのように続いていくわけで、たとえばスミスは俺にとって、最高の経験であり、同時に素晴らしい見習い期間だったんだ。何せ、若かったからね。」
(続きはコチラをクリック)

▶︎クイーン、未発表曲“Let Me in Your Heart Again”のミュージック・ビデオ公開
20141105083202da9.jpg

11月12日(水)に初のラヴソング集『クイーン・フォーエヴァー ~ベスト・オブ・ラヴソングス』をリリースするクイーンが、同作収録のナンバー“Let Me in Your Heart Again”のミュージック・ビデオを公開した。
(続きはコチラをクリック)

▶︎フジ社長も絶賛「ヨルタモリ」右肩上がり!初の2ケタ10・0%
20141105083137e44.jpg

 フジテレビの亀山千広社長(58)も10月31日の定例会見で「芸域を広げた感じがする。ほとんど手を抜かずにすべてのコーナーに出演していて、頭が下がります。テレビの作り手として刺激を受けた」と絶賛した。
(続きはコチラをクリック)

▶︎新世紀エヴァンゲリオン:コミック版が一番くじ初登場 シンジとユイの母子シーンも立体化
201411050831595e4.jpg

コミック版が一番くじに登場するのは今回が初めて。原作者の貞本義行さんが考案したオリジナルシーンを立体化した、幼少期の碇シンジと母親の碇ユイが向かい合ったシーンを再現したビネットフィギュアなどが当たる。
(続きはコチラをクリック)

▶︎日本を支配する“憲法より上の法”の正体とは?

日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか? 本書のタイトルはまさに、誰もが一度は抱いたことがある「素朴な疑問」だろう。
それを出発点に著者の矢部宏治氏がたどった日本戦後史の「旅」は、想像をはるかに超える広がりを見せながら「憲法」の上にある「もうひとつの法体系」の存在と、それによって支配された「日本社会のB面=本当の姿」をクッキリ浮かび上がらせる。
(続きはコチラをクリック)

▶︎たかぶろ「〜浦島太郎の独り言〜」
2014110408111357b.jpg

四角いリングとジョン・レノン。
そして日本武道館。

これまたなんとも言えない、非日常的空間だ。

そして僕はその場に漂う〝何か〟に納得し、武道館を後にする……

拝啓、ジョン・レノン。
(続きはコチラをクリック)

20141105083158b42.jpg

スポンサーサイト

Posted on 2014/11/05 Wed. 08:35 [edit]

CM: --
TB: 0

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://takastone.blog.fc2.com/tb.php/389-cfd5cef9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。