スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

top △

桜庭和志選手 『哀しみのぼく。』発売 7/28たかぶろ特選ニュース 


201407281006474a5.jpg

▶︎桜庭和志選手 『哀しみのぼく。』発売
20140728100642b1e.jpg

桜庭和志選手の“ぼく。”シリーズ、第4弾『哀しみのぼく。』が発売になります。
PRIDE消滅から、新日本参戦まで、誰も知らない“桜庭和志”がここにいます。
(続きはコチラをクリック)


▶︎キン肉マン第100話「サンシャインの“懺悔”‼︎」の巻が配信開始
20140728100646dc7.jpg

ニューヨークの完璧の巨像(パーフェクト・ジャイアント)で繰り広げられる、“砂地獄”サンシャインと“完璧・捌式(パーフェクト・エイス)”シングマン戦。
シングマンが仕込んだ“コンプリートコンクリート”により、砂地獄を封じられたサンシャインだったが、しなやかで強度もある体になった利点を活かし、逆に攻撃に転ずる。
ところが、宇宙物質でできた体には傷ひとつ付けられない上、シングマンは秘技「シングデモリッションウェーブ」を繰り出し、爆破解体の要領でサンシャインを爆砕した——!!
(続きはコチラをクリック)

▶︎MS・Gにハルク・マシン衝撃登場
20140728100644374.jpg

【お宝写真館】耳に手を当て観客席を挑発するのは、日本でおなじみのスーパー・ストロング・マシンではなく、兵庫の野々村竜太郎元県議の変身でもない。このポーズの元祖、ハルク・ホーガンが変身した、その名も「ハルク・マシン」だ。1986年9月22日(日本時間23日)、米国ニューヨークのMS・GにおけるWWF(現WWE)興行からの一コマだ。
(続きはコチラをクリック)

▶︎俺達のプロレスTHEレジェンド 第31R 日本式プロレスを創った革命戦士〈長州力〉

 長州力が日本マット界にもたらした影響はとてつもなく大きい。
 「藤波、俺はおまえのかませ犬じゃねえ」(実際は長州本人の弁ではない)から始まった“名勝負数え唄”以降、維新軍として新日、全日を股にかけての闘いを繰り広げて、力道山以来の「日本人対外国人」という基本構図を書き換えてみせた。
 アメリカ直輸入のプロレスを売りにしていた馬場全日までが、後に四天王プロレスを許容することになったのも、長州のもたらした日本人対決人気の影響抜きには考えられない。また、長州の闘う模様は「善玉対悪玉」という概念さえも薄れさせていった。
(続きはコチラをクリック)

2014072707411960d.jpg
20140728102131fc9.jpg

スポンサーサイト

Posted on 2014/07/28 Mon. 10:21 [edit]

CM: --
TB: 0

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://takastone.blog.fc2.com/tb.php/272-a86fbd59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。