スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

top △

若き紳士的ビジネスマンが突然リング登場 5/7たかぶろ特選ニュース 

2014050608281491e.jpg
▶︎若き紳士的ビジネスマンが突然リング登場
20140507090448cb5.jpg
【プロレスお宝写真館:WWEスーパースターの日本での下積み時代(番外編)】最近は娘婿であるトリプルHとステファニー・マクマホンの最高権力者夫妻に現場を任せ、バックステージの人となっているビンス・マクマホン代表だが、WWF時代はリングアナウンサーとしても活躍。父であるシニア氏が死去した1984年以降はWWFを運営するタイタン・スポーツ社の代表としてたびたび、当時提携中だった新日本プロレスに来日していた。
(続きはコチラ)


▶︎「バクマン。」佐藤健&神木隆之介のコンビで実写映画化
201405070904468a7.jpg
大場つぐみ原作による小畑健「バクマン。」の実写映画化が決定した。2015年の公開を予定している。
映画ではマンガ家を志す少年・真城最高役を佐藤健、彼とコンビを組むクラスメイトの高木秋人役を神木隆之介がそれぞれ担当。監督は「モテキ」や「恋の渦」で知られる大根仁が務める。映画内で使用されるマンガの原稿を執筆したという小畑は「原作者というだけでなく、多少制作に関わった一人としても、どういう映像になるか楽しみです」とコメントを寄せた。
(続きはコチラ)

▶︎注目映画紹介:「アメイジング・スパイダーマン2」 アクションやCGに頼らない“新生”らしさ満載
201405070904501b4.jpg
 米マーベルコミックの人気ヒーロー、スパイダーマンを映画化したシリーズ第2弾「アメイジング・スパイダーマン2」が、4月25日から全国で公開中だ。前作に引き続き、マーク・ウェブ監督がメガホンをとり、スパイダーマンをアンドリュー・ガーフィールドさん、その恋人グウェンをエマ・ストーンさんが演じる。前作は、“新生”とうたいながらもサム・ライミ監督版「スパイダーマン」(2002年)に引きずられた印象を受けたが、今回はライミ監督版とガラリと内容を変え、また演出にもウェブ監督らしさがそこかしこに感じられ、見応えある作品に仕上がっている。
(続きはコチラ)

▶︎開田裕治:“怪獣絵師”の原画展「ART of ゴジラ」開催 「怪獣は体験するもの」
201405070904482b7.jpg
 怪獣やロボットなど数多くのイラストを発表してきたイラストレーターの開田裕治さんの原画展「ART of ゴジラ」が東京・銀座のチーパズギャラリーで開催された。会場ではゴジラを中心とした原画をはじめ、巨大ジオラマや関連商品の展示や販売などが行われた。東京では初開催だった同原画展を記念して“怪獣絵師”として知られる開田さんに怪獣との出合いや原画作成の過程、怪獣の魅力などについて聞いた。
(続きはコチラ)

▶︎北朝鮮成立の裏に潜む、大日本帝国の策略と満州ユダヤ国家建設計画とは?
 人工衛星から撮影した夜のアジアにおいて、日本は、ひときわ輝いて見える。全国の都市部の明かりが、列島の輪郭をくっきりと浮かびあがらせている。対照的なのは朝鮮半島北部、すなわち北朝鮮である。国土のほとんどが闇に包まれており、周辺の中国や韓国に比べても、その差は歴然としている。

 しかし、見方を変えるならば、北朝鮮には、それだけ人工的な建物が少ない。手つかずの自然が多く残っていることを意味する。歴史的、かつ考古学的な視点からいえば、いまだに多くの遺跡が調査されずにある。もっといえば、そこには歴史的な謎を解き明かす鍵ともいうべき遺物が存在し、ずっと封印されたままになっているのだ。
(詳しくはコチラ)

2014050608275498d.jpg
スポンサーサイト

Posted on 2014/05/07 Wed. 09:20 [edit]

CM: --
TB: 0

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://takastone.blog.fc2.com/tb.php/174-a9a1ad32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。