スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

top △

ダウンタウンの松本人志 恋愛ドラマを批判「もうそのパターンええよ!!」 5/6たかぶろ特選ニュース 

2014050608281491e.jpg
▶︎ダウンタウンの松本人志 恋愛ドラマを批判「もうそのパターンええよ!!」
20140506082733b83.jpg
 4日に放送されたフジテレビの情報番組「ワイドナショー」で、レギュラーコメンテーターを務めているダウンタウンの松本人志が、恋愛ドラマのストーリーを批判した。

 同番組では、フジテレビの亀山千広社長の恋愛ドラマに対するコメントをトピックスとして扱った。亀山社長は、先月に行われた定例会見で「携帯電話が誕生して、恋愛ドラマが作りにくくなっている」と分析し、「若い作り手達が恋愛ドラマに興味をなくしているのかなと思う」と独自の見方を示していた。
(続きはコチラ)


▶︎大仁田 ゆるキャラと爆破マッチ大成功
20140506082730ecd.jpg
“邪道”大仁田厚が4日、「湘南・茅ヶ崎大花火」を神奈川・茅ヶ崎青果地方卸売市場で開催し、電流爆破マッチに史上初めてゆるキャラを衝撃参戦させた。記念すべき第1号は、茅ヶ崎市の特別観光大使「えぼし麻呂」。ゆるキャラの起用に自信を深めた大仁田は、ゆるキャラ界のエース・くまモンの招聘に本腰を入れ始めた。

 大仁田は矢口壹琅、保坂秀樹を従えて髙山善廣、藤原喜明組長、NOSAWA論外組との「ノーロープ有刺鉄線電流爆破&最強爆破バットW地獄デスマッチ」に出撃した。
(続きはコチラ)

▶︎ダニエル・ブライアン、ケインを火炎葬!ワイアット洗脳Jシナ悪夢 5・4WWEPPV大会『エキストリーム・ルールズ』
201405060827598a3.jpg
 現地時間5月4日に、WWEのPPV大会『エキストリーム・ルールズ』が放送された。

 メインは、ステファニー・マクマホンの手先として、ダニエル・ブライアンを襲い続けている、赤い怪物ケインをブライアンが迎え撃つWWE世界ヘビー級王座戦だ。試合序盤は、ひたすら場外でやりあう異常な展開。遂に、両者はバックステージ、そして駐車場まで戦いの場を移して壮絶にやりあった。そして、ブライアンは、フォークリフトにケインを乗せてそのままリングまで連れ戻すという展開を見せ、観客を大いに沸かせたのだった。
(続きはコチラ)

▶︎キックボクサー佐藤嘉洋がIGF参戦か「石井の首取る」
20140506082732c79.jpg
 キックボクサーの佐藤嘉洋(33=名古屋JKファクトリー)が、復活の雄たけびを上げた。ここ最近の成績不振で一時は引退も考えたが、盟友である新日本プロレスのGHCヘビー級王者・永田裕志(46)に活を入れられたという。5月17日には中国でのタイトル戦が決まり、王者として凱旋した暁には日本格闘界復興を目指し、IGFマットに乗り込みたいという。
(続きはコチラ)

▶︎新ユニット“護神十二星”(後半)のスーパーブレイブバースト
20140506082729d1e.jpg

敵全体ダメージ+αの効果が強し

4月25日に追加された護神十二星(後半)の6人の★6への進化素材とブレイブバースト、スーパーブレイブバーストを公開。彼らは通常のブレイブバーストも強力なものが多いので、入手したら進化させてパーティーに加えてみるといい。
(続きはコチラ)

▶︎【注目アプリレビュー】海外でヒットした『スター・ウォーズ フォースコレクション』が日本解禁!
201405060828008f0.jpg

コレさえプレイすれば……劇場最新作の予習も万全

本場アメリカはもちろん、世界各国に熱狂的なファンを生み出したスペースオペラの金字塔『スター・ウォーズ』シリーズ。いまさら説明不要な傑作だと思うけど、そのシリーズ最新作『エピソード7』が、2015年の世界同時公開をめざして撮影入り。オリジナルキャスト出演決定の一報には、筆者ならずとも一喜一憂したファミ通App読者も多いハズ。そんな年配ユーザー(?)にこそオススメしたいのが、海外で300万ダウンロードを突破したオフィシャル完全監修の逆輸入タイトル『STAR WARS FORCE COLLECTION』だ。
(続きはコチラ)

▶︎SUEDE JAPAN JAM2014 クイックレポート
20140506082757a8a.jpg
こんなに頻繁にスウェードが来日してライヴを繰り広げるなんて、少なくとも5年前の筆者なら「は?」だったし、ましてや『JAPAN JAM』でandropやBOOM BOOM SATELLITESとステージを分かち合う日が来るなんて、半年前でさえ思いも及ばなかったことだ。ロック・ファンで居続けて良かったし、生きてて良かった。2日目アンカーを務めるスウェードというバンドを、ごく個人的な感慨とともに簡潔に説明するならば、そういうことである。おなじみのSEであるラフマニノフの“ピアノ協奏曲第2番ハ単調 作品18”、そして満場の拍手と嬌声に包まれて暗転したステージにぼんやりとメンバーのシルエットが浮かび、最新アルバム『Bloodsports』 から“For The Strangers”のイントロがじわじわと立ち上がると、黒シャツ&スラックスのブレット・アンダーソン(Vo)が最後に姿を見せて、その伸びやかな歌声を染み渡らせてゆく。“It Starts and Ends with You”でエネルギッシュにステージ上を右へ左へと動き回り、オーディエンスを見据え、或いは跪いて歌い、軽快なステップも披露するブレット。リチャード&ニールのギター・リフが荒ぶる“Filmstar”では、マイクも振り回す序盤の加熱ぶりだ。
(続きはコチラ)

▶︎ガンダム展:「V作戦」であの操作マニュアルを配布 東京・大阪で実施
20140506082735b52.jpg
 人気アニメ「機動戦士ガンダム」シリーズの展覧会「機動戦士ガンダム展 THE ART OF GUNDAM」をPRするサプライズイベント「V作戦」が5日、東京都内3カ所と大阪・梅田で開催された。スカイブルーのTシャツを着たスタッフが、主人公のアムロが発見するガンダムの「操作マニュアル」の表紙を見せ、「これを知っていますか?」と声をかけて配布し、同展への来場を促すという内容で、作戦について数日前から公式ホームページやツイッターでチェックしていたという男性は「このために秋葉原に来ました。シャア少佐に報告します」と話した。
(続きはコチラ)

▶︎アニメ質問状:「ピンポン」 松本先生から湯浅監督への言葉は
201405060827560ae.jpg
 話題のアニメの魅力をクリエーターに聞く「アニメ質問状」。今回は、松本大洋さんのマンガが原作の「ピンポン」です。フジテレビ・アニメ開発部の岡安由夏さんに作品の魅力を語ってもらいました。
(続きはコチラ)

2014050608275498d.jpg
スポンサーサイト

Posted on 2014/05/06 Tue. 08:52 [edit]

CM: --
TB: 0

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://takastone.blog.fc2.com/tb.php/173-1a90efed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。