スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

top △

新日本バブル崩壊だああ! 

新日本バブル崩壊だああ!

■WWE、新日本買収ー!?

X「2016年、年始早々プロレス界に衝撃が走りましたね。」

T「ベッキーとゲス(ゲスの極み乙女、川谷絵音)の不倫騒動な。LINEであんなやりとり…」

X「違いますよ!プロレス界だって言ったでしょ!」

T「ああ、『1・5中邑ショック』な。」

X「そうです。まさかの中邑真輔選手の新日本退団!」

20160108215645cd0.jpeg

T「オイラがこのブログで中邑選手新日本退団を〝中邑ショック〟って書いたら、他のブログさんの投稿コメント欄に〝中邑ショック〟って名付けただの…そんな名付ける資格は無いみたいな事書いてあったの発見したんだけど、オイラが勝手に書いてる、しかも自分のブログで書いてるんだから関係無いだろうってなもんで。」

X「…まあ、その件はもういいとして…中邑選手新日本退団ですよ。」

T「いやあ、AJスタイルズのWWE流出は前もって予想してたけど、まさか中邑選手がね。」

X「1・4東京ドームの翌日、Tさんは当ブログで〝1・4はハッピーエンドだったのか〟って書かれてたんで予測してたのかなと思ってましたけど。」

T「さすがに中邑WWE流出までは予想だにしなかった。
あのコピーはAJスタイルズのWWE流出と今後のWWE日本マーケット本格化に対しての事で。
ただ2016年は日本マット界再編成、新日本はこれまで通りには行かなくなるよって意味合いも含めてね。」

X「今回の〝中邑ショック〟はまさに衝撃。新日本トップレスラーまさかの移籍ですからね。」

T「1990年の天龍全日本退団、SWS移籍以来の衝撃だよね。」

2016010721145662d.jpeg

X「中邑選手は新日本が〝上向き〟の今だからWWE行きを決断したってコメントしてますが…」

T「そんなわけないじゃん!昔からそうだけどプロレスラーの発言ほど信憑性に欠けるものはない!」

X「じゃ、建前?」

T「建前だよ。本音はお金と新日本の現状、方向性だろ。」

X「お金はプロである以上は当然だと思いますが、新日本の方向性というのは…。」

T「だって考えてごらんよ。普通サラリーマンは給料安くても、会社に愛着や執着があったり、会社に夢や希望、やりがいがあったら、目標が持てるじゃない?」

X「まあ、そうかもですね。」

T「中邑選手は新日本に対してそれが無かったと。ただ自分をここまで育ててくれた恩があるから、なかなかWWE行きの決断にいたらなかった。」

X「新日本が上向きになったから決断できた。」

T「もういいだろうと。ただ中邑選手は今後新日本がどういう方向に向かうかは正直興味ないと思うよ。
新日本には自分が思う理想が無かったわけだから。」

X「いわゆる〝暗黒期〟からV字回復したから俺のやるべき事は全てやったと。」

T「数年悩んだって事は裏を返せばタイミングを図っていたんだよな。」

X「でもその数年っていつ頃なんでしょう。」

T「2014年だと思う。ちょうどその頃からWWEは日本を第2のマーケットにしようと動き始めたから。」

X「その年のWWE日本公演にはハルク・ホーガンが来日してますね。そしてKENTAのWWE入り。」

T「そのあたりからWWEによる日本への〝仕掛け〟が始まったんだけど、ウチのブログも2014年のWWE日本公演後に『数年後に新日本は痛い目にあう』と活字にしたんだけど…まさか中邑選手を引き抜くとはね…。」

X「事情通だとまだまだWWEによる第2、第3の衝撃があると。」

T「なんだろうなぁ、AJスタイルズ、アンギャロはWWE入りは読めてるし…。」

X「究極の衝撃はWWE、新日本買収ですよ。」

T「買収ー!?でもそれあり得るな。1〜2年後なら十分あり得る話だ。あの〝世界最高峰〟PRIDEが弱体化し、UFCが買収したパターンだ。」

■新日本の作るべきスタイル

X「そういえば中邑選手WWE入り決意の理由の新日本の方向性ってなんですか?」

T「ん〜、話すと長くなるんで簡潔に言えば、中邑選手は新日本の誰よりもライオンマークに一番誇りを持っていたんじゃないかな。」

X「ストロングスタイルですね。」

T「これはあくまでもオイラ個人の感覚論であって、理屈じゃないんだけど、中邑選手は新日本デビューしてMMAに挑戦したり、ここ数年の新日本の試合中でも突然〝覚醒〟というべきか、シュートな攻撃が見受けられたりで。
本来はストロングスタイル志向だったんじゃないのかなって。」

X「中邑選手デビュー時は〝神の子〟って言われてましたね。」

T「それから新日本は脱ストロングスタイルを掲げてWWEを意識した世界観を作り始めた。そして木谷オーナー発言にもあった、宣伝費を注ぎ込み、新日本プロレス〝流行ってる感〟を出した。」

X「まあ、早い話、新日本の戦略の仕方についていけないと。」

T「こんな〝流行ってる感〟なんてもん決して長続きしないよって。新日本の未来に疑問を持ったんじゃないか?
それと単純に現在の新日本よりWWEの方が魅力を感じた。それに尽きるよ。」

X「中邑選手のWWE入りはいよいよ新日本の転換期になりそうですね。」

T「転換期。あとさ、新日本は創造力が全く無いよな。
中邑選手が新日本退団でIC王座返上。
それはいいとして、2月にケニー・オメガ vs XでIC王座決定戦。もうちょっと捻りは無いのか。
せっかく中邑選手が価値を高めたIC王座。IC王座の価値ってそんなもんなのか?」

X「IC王座争奪リーグ戦とかあってもいいですよね。」

T「発想が無いよな。マイナスを莫大なプラスに変えられるチャンスなのに。」

X「もっとプロレスして欲しいとこです。」

T「新日本プロレスって果たして〝プロレス団体〟なのか?って。
ホント、新日本は宣伝、宣伝ばっかりで…まずプロレスの魅力って物を世間にしっかり伝えないとさ。
アミューズと提携うんたらかんたら、日本のザ・ロックを作るだの。
木谷オーナーの考える方向性はよくわからん。」

X「ボクは日本とアメリカは根底的に違うと思うんですよ。
アメリカはエンタメ民族。
エンタメの作り込みが本当にうまいというか。
人を喜ばす事に命懸けになる。
ただそれを文化の違う日本が真似しても成功しない。
ハリウッド映画を日本人には作れないのと同じで。やはり日本人には日本人の作るべきものがあると思うんです。」

T「日本とアメリカじゃ元々土壌や文化が全く違うんだよね。
ハリウッド映画は日本には作れない。
でも逆に言えば黒澤、小津映画はハリウッドには作れない。

20160123235112b17.jpeg

新日本が世界を獲るならどこの団体も真似出来ないスタイルに変えるべきだ。」

X「それはまさしく…。」

T「イャオ!」

X「違うわ、ストロングスタイルでしょ!?」

■1・5WWE同日多発テロと新日本バブル崩壊

T「オイラは今月の5日からWWEネットワーク国内サービスを始まるからって、早速5日の夜にWWEネットワーク加入の手続きをやっててさ、やっと手続きが終わったー!と思ったら〝中邑、AJスタイルズ退団〟のニュースが入って。
これはWWEのテロだなって即座に思った。

X「WWEネットワーク国内サービス開始と同日ですからね。これは完全にWWEによる計画的同日多発テロ。」

T「全ては1・4東京ドーム大会後だもんな。
ん〜、さっきはあえて言わなかったけど、中邑ショックは…やはり…やっぱやめとこう。
このタイミングで言う事じゃない。」

X「あ、踏みとどまった(笑)」

T「まあ今年の新日本は一体どうなるのか?
一つ言えるのが昨年までの新日本の〝風景〟とは違うという事。」

X「これは関係あるかどうかはわかりませんが、ここにきてプロレス情報サイト『バトルニュース』さんの編集長が変わったんですよね。」

T「永島のオヤジ。」

X「で、気になるのが、新日本のニュースが今年の1・5後楽園ホール大会が最後で、それ以降新日本のニュースや話題がバトルニュース内でアップされてないんですよね。」

T「ん〜、新日本を見限ったのか?あ、これもこれ以上のコメントは控えよう。」

X「大人の事情もありそうですがね。」

T「一言だけ言うならば新日本はバブル崩壊って事やね。」

To be continued!

↓その他最新情報はコチラをクリック

↓その他最新情報はコチラをクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2016/01/24 Sun. 08:12 [edit]

CM: --
TB: 0

top △

デヴィッド・ボウイはスターマンになった 

デヴィッド・ボウイはスターマンになった
20160111232710676.jpeg

デヴィッド・ボウイが亡くなった。

1970年代に流行したグラムロックの旗頭的存在。
彼が居なかったら世の中の風景は何もかも違っていたであろう。

自分自身を芸術化したデヴィッド・ボウイの死。

それにミルホンネットさんはいち早く反応した。

プロレス界にもきっと何かしら影響を与えているに違いないデヴィッド・ボウイ。

デヴィッド・ボウイの息子ゾウイさんがプロレスラー志向で映画監督ダンカン・ジョーンズだという事をミルホンネットさんの記事で初めて知った。

20160111232721635.jpeg
▲「(デヴィッド・ボウイの死は)非常に残念で悲しい事ですが事実です。私は暫くの間、身を潜める事にします。すべては愛。」
ーダンカン・ジョーンズさんTwitterよりー

ボクの好きなボウイの曲『Starman』。

この曲のスターマンはいろんな解釈ができるが、ボクはスターマンとは〝救世主〟ではないかと勝手に解釈している。

〝既成概念を捨て、自分を解き放つのだ〟

There's a starman
waiting in the sky
He'd like to come and meet us
But he thinks he'd blow our minds

There's a starman
waiting in the sky
He's told us not to blow it
'Cause he knows it's all worthwhile


ボウイは旅立ってしまった。
そして彼はスターマンになったのだとボクは思う。

(T管理人)

↓その他最新情報はコチラをクリック

↓その他最新情報はコチラをクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ
にほんブログ村

Posted on 2016/01/11 Mon. 23:31 [edit]

CM: --
TB: 0

top △

女性ファンへのケアがなかった新日本 

女性ファンへのケアがなかった新日本

今、新日本ファンは非常に感情的になっている。

やはり中邑選手新日本退団による〝中邑ショック〟がそうさせているのだろう。

新日本ファンではないボクでさえもショックを受けたのだから。

特に中邑真輔フリークなら気が気じゃない、何も手がつけられない状況だったと思う。

噂なのか、真実なのか?

いち早く東京スポーツさんが中邑真輔退団を一面に取り上げた。

決して噂レベルではなく、ちゃんと裏がとれたから〝中邑退団〟にGOが出たのだろう。

ただ本当なら新日本プロレスが一番に公式発表してあげるべきだった。

この原稿を書いている段階ではまだ公式発表はないが、新日本が中邑ファンの事を思うならいち早く反応するべきだった。

中邑ファンからすれば本当なのかデマなのか。
はっきりして欲しいと思うのが当たり前。

わかりますよ、企業側にとってイメージダウンになる〝中邑退団〟。
触れたくもないというのが新日本側の考え。

まだ中邑選手は今月いっぱい新日本との契約が残っているわけだし。

ただSNS上の反応を見ていると悲観的なコメントばかり。
見ているこっちも辛くなる。

新日本さん、よく考えて下さい。
昔と違って今は女性ファンも多くなっている。

特に中邑選手の女性ファンは非常に多い。

男と女、男性脳と女性脳は違うのです。
女性はとにかくハッキリして欲しいのです。


昔みたいな男のファンばかりならともかく、時代は変わった、いや、新日本がそういう時代を作ったんでしょ?

中邑選手の女性ファンをもっとケアしてあげないといけないですよ。

男と違って女性はいつでも『本気』なんです。

今からでも遅くない。
中邑選手の退団の公式発表をしてハッキリしてあげて下さい。

女性ファンを敵に回す方が新日本にとってイメージダウンだとボクは思う。
このままだと間違いなく新日本から女性ファンは去る。
(T管理人)


↓その他最新情報はコチラをクリック

↓その他最新情報はコチラをクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ
にほんブログ村

Posted on 2016/01/09 Sat. 16:15 [edit]

CM: --
TB: 0

top △

今年の大晦日を検証してみた 

今年の大晦日を検証してみた
20151215230049e12.jpeg

いきなりだが今年の大晦日は忙しい。

なんせ今年の12月31日は

NHK紅白歌合戦、日本テレビはガキの使い「絶対に笑ってはいけない名探偵24時!」、TBSは「史上最大の限界バトルKYOKUGEN2015 」魔娑斗vs山本KID。
そしてフジテレビはRIZIN。

ボクはこの4番組の振り分けに困っている。

ウチのDVDレコーダーはW録画できるので4番組のうち2番組は録画できる。

ということは残りの2番組はリアルタイムで観なければいけないという事か。

ん〜、どうしようか?
まずはひとつずつ検証してみよう。

今年の紅白だが、出場歌手は…なんだかパッとしない。
新旧ゴチャ混ぜなんだが、これといって興味のあるメンバーがないな〜、白組はジャニーズ軍団、X JAPANにSEKAI NO OWARI、あとはゆずに…それから…もうええわ。

対して紅組もパッとしないな〜、ん!?レベッカ!?
ん〜少し気になるレベッカ。
初出場だって?

なんか笑える。
初も何もないだろう(笑)
どう考えても最初で最後じゃないか。

あとは椎名林檎とSuperflyが観れればいいか。

次に日本テレビはガキの使い「絶対に笑ってはいけない〜」。
もはや年末恒例行事番組。

マンネリ、マンネリって言われているけど昨年の「〜大脱獄24時」は面白かったよ。

最近笑えるテレビ番組が無くなりつつあるが、ガキの使いだけは笑える。

内容の濃い6時間。
もはやエンターテイメントショーとしての完成度は高い。
あのWWEも顔負けだ。
今年も期待したい。

TBSの「KYOKUGEN」は魔娑斗vs山本KIDが観れればそれでいい、うん。

残るはフジテレビのRIZIN。
これはやっぱり後で何回も何回も見なおしたいので録画決定でいこう!

そうなると日テレのガキの使いとフジのRIZINはW録。

そして紅白と魔娑斗vs山本KIDはリアルタイムで観ると…。

この結果、ボクの今年の大晦日はNHKとTBSを行ったり来たりしながら過ごす事に決定した。

どうでもいい話でした。

(T管理人)

↓その他最新情報はコチラをクリック
>

↓その他最新情報はコチラをクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ
にほんブログ村

Posted on 2015/12/15 Tue. 22:52 [edit]

CM: --
TB: 0

top △

心に響いた二人の言葉 

心に響いた二人の言葉

心に響いたから書きます!

201512122253082b9.jpeg
201512122253103ee.jpeg
20151212225311542.jpeg
20151212225311d2e.jpeg

■ボブ・サップ戦について

曙「まずは誰と戦いたいかと聞かれ、自分はボブ・サップじゃないとこの一戦はやりませんと。
ずっと苦しみ…悔しさを心の奥まで押し込んで…前に進んだんですけど、二度と…苦しい…悔しい思いをしたくないので、絶対勝ちにいきますので、応援よろしくお願いします。」

12月11日放送 フジテレビ『FUJIYAMA FIGHT CLUB』より



2015121222531387e.jpeg
20151212225336f0a.jpeg
20151212225336b6a.jpeg
20151212225337789.jpeg
201512122253392ff.jpeg
2015121222534069e.jpeg

■桜庭戦についての青木真也選手のコメント

青木「(桜庭戦は)愛なんだよ。やっぱどこまで行っても愛なのさ。
MMAってスポーツは裏切られるんだから。
新日本プロレスはハッピーエンドで帰してくれる。
ハッピーエンドで帰れないんだよ。
泣いて帰るんだからファンが。」

12月11日放送 フジテレビ『FUJIYAMA FIGHT CLUB』より



曙選手!絶対勝って下さい!
曙選手のコメント、心に響きました(涙)
曙vsボブ・サップは単なるお祭りではない!

青木選手。
そうです!ファンは裏切られたいんです!
そして裏切られて泣きたいんです!
いつもハッピーエンドばかりじゃつまらないんです!

(T管理人)


↓その他最新情報はコチラをクリック
>

↓その他最新情報はコチラをクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ
にほんブログ村

Posted on 2015/12/13 Sun. 00:00 [edit]

CM: --
TB: 0

top △

2017-05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。