スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

top △

「たかぶろコラム」は 次回から「浦島太郎の独り言」に名称変更します! 

20140313162631c6f.jpg

いつもありがとうございます。
おかげ様で「たかぶろコラム」は30回を越えました。

「たかぶろコラム」は「たかぶろ(仮)」の一番、核となるカテゴリー。

次回からは更に発展させ、カテゴリー名を

「浦島太郎の独り言」

に変更いたします。

「たかぶろぐ(仮)」はまもなく四カ月目に突入いたします。

これからも「世間と〝ブロレス〟宣言」をどんどん発展させていきます。

よろしくお願いいたします。

20140215083759053.jpg
スポンサーサイト

Posted on 2014/03/13 Thu. 21:08 [edit]

CM: --
TB: 0

top △

善と悪 

201403081931345d4.jpg

千葉県柏市の連続通り魔事件。

現代社会、情報多様化時代が生みだしたとしか思えない事件。

今はネットからテレビから…とにかくあちこちから情報が溢れてる。

いろんな価値観の垂れ流しだ。

昔は情報が限られていた。
そのため〝大衆〟という言葉が大きく存在していた。

今は自分達それぞれ〝個〟が価値観や答えを選ぶ時代、それだけ世の中には情報の選択肢があるという事だ。

〝大衆〟から〝個〟の時代。

昔の大衆時代は仮面ライダーなどのヒーロー物から正義、悪の価値観、定義を植え付けられてきた。

正義とは何か?
悪とは何か?

「善」と「悪」。
「仮面ライダー」と「ショッカー」。

今回の事件は〝大衆〟から〝個〟への時代の移り変わりが生んだ産物だ。

自分にとっての「善」とは?「悪」とは?

価値観の選択の自由。

残念ながら竹井容疑者みたいな人間、予備軍はまだ沢山存在する。

正しい答えはこの世には一切存在しない。

でもひとつ言えるのは、いつの時代でも人を傷付ける行為はとんでもなく、間違いなく〝悪〟だ!

〝絶対ヒーロー〟仮面ライダーはどこへ行ったのだ?
20140215083759053.jpg

Posted on 2014/03/08 Sat. 19:37 [edit]

CM: --
TB: 0

top △

明日ママ特権 



今夜、「明日、ママがいない」第8話放送。

来週で最終回。

僕は毎週水曜の「明日ママ」が楽しみになっている。
しかもリアルタイムで観る。

スポンサーも付かず、世間からも何かと非難されている「明日ママ」。

今週はどんな〝シュート〟を世間に対して仕掛けてくるのか?

今週はどんな出来事が起こるのか?

リアルタイムで目撃したいから録画じゃダメなんだ。

視聴率から考えると毎週楽しみに見ている人は少ないのだろう。

だが一部の人間は

「明日ママ」を支持している。
「明日ママ」を応援している。
「明日ママ」を楽しみにしている。


この「明日ママ」が置かれた状況。

まるで、たまらないくらい〝プロレス〟じゃないか!

世間から一目置かれ、偏見の目で見られ、常に世間と戦ってきたプロレス。

「明日ママ」はプロレスと同じく〝わかる人〟だけが楽しめばいい。

「明日ママ」は近年にないドラマだよ。

〝わからない〟ヤツの事はほっとけばいい。

「明日ママ」を楽しめる人は〝特権〟を持っているのだ!

いよいよ来週は〝最終戦〟!

何を仕掛けてくるのか今から楽しみだ。

20140215083759053.jpg

Posted on 2014/03/05 Wed. 21:28 [edit]

CM: --
TB: 0

top △

活字WWE宣言 

20140301203707de7.jpg

今年もWWE日本公演が決まった。

ここ最近、WWEネットワーク開局や、ハルク・ホーガン復帰など話題になっているWWE。

やっぱり〝エンターテイメント〟を謳っているだけあって、演出面は徹底している。

WWEスーパースター(つまりプロレスラー)はマイクパフォーマンス、試合運び、お客さんに対する魅せ方。どれをとってもピカイチ。

さすが世界No.1のプロレス団体。エンターテイメントのお国だけあってお客さんを楽しませる事に命懸け、本気なのだ。

それに比べ日本のプロレスは…う〜ん、到底かなわない。

『レベルが違いすぎる。』

魅せ方、マイクパフォーマンス、演出、シナリオ…どれも今一つ。

所々WWEをパクってるけど、どうもやりきれてない。

一言でいうと下手なのだ。

エンターテイメント大国、アメリカと同じ事を農耕民族の日本人がやり切れるわけがない。
自己表現に乏しいからだ。

やっぱり、特に新日本プロレスは新日らしさ、ストロングスタイル、殺気、恐怖を感じさせる試合が一番あってる。

とにかく〝闘い〟が欲しいところだ。


ただ一つ、今じゃWWEでも当たり前のマイクパフォーマンス、仕掛けのあるストーリー作り、軍団抗争…全てアントニオ猪木が最初である。
これだけは忘れてはいけないと思う。

ここに何か大きなヒントがあるはずだ。

WWEにはシナリオに基づいてドラマが展開されているが、時折〝シュート〟が見え隠れする瞬間がある。
これが僕が思うWWEの面白さの一つでもある。

WWE日本公演両国2days。
今年も僕は行こうと思う。

そうだ!

『たかぶろ』でWWEの試合リポートを書こう!

いや、ただの試合経過のリポートじゃつまらない。

そんなものは他の人にやらせとけばいい。

『たかぶろ』ならではの切り口で、WWEと〝活字プロレス〟だ!

うん、これで決まりだな。

20140215083759053.jpg

Posted on 2014/03/01 Sat. 20:43 [edit]

CM: --
TB: 0

top △

ありがとうございます。総閲覧数400突破! 

20140226083525658.jpg
20140219195658b35.jpg

Posted on 2014/02/27 Thu. 09:01 [edit]

CM: --
TB: 0

top △

2017-06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。